言葉の意味

「理念」の意味と使い方・例文・「指針」「ビジョン」との違い・類義語は?現役記者がサクッとわかりやすく解説!

「方針」:「企業方針を策定する」(企業理念を実現する上で目指す方向を考えて定める)

「ビジョン」:「ビジョンを策定する」(活動を行う上での将来像、理想像となることを策定する)

「理念」:「企業理念を策定する」(企業の在り方についての基本的な考え方となるものを策定する)

つまり、「方針」は「物事を行う上での目指すべき方向」、「ビジョン」は「将来の見通しや理想像」、「理念」は「(事業などが)どう在るべきかの根本的な考え方」というニュアンスの違いがあります。

「理念」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「理念」の類義語・類語である「概念」「観念」について見ていきましょう。

まず、これらの語には以下のような意味があります。

「概念」:物事のおおまかな意味内容。個々の事物の共通する性質や本質的な部分を取り出した姿や形、抽象的な物事。

「観念」:物事に対してもつ考えや意識。

「概念」の使い方は?

それでは、次に「概念」の使い方、また「従来」との違いについて見ていきましょう。

この語は、たとえば以下のように用いることができます。

「システムは、オープンソースの概念に基づいて設計された」

「東南アジアを訪れると、交通整理などという概念はまるで存在しないかのように感じられる」

「一体、生命という概念は機械論的に理解できるのであろうか」

「科学的世界の基礎の一例として物理的空間の概念がある」

「観念」の使い方は?

それでは、次に「概念」の使い方、また「従来」との違いについて見ていきましょう。

この語は、たとえば以下のように用いることができます。

\次のページで「「理念」は「根本の考え」、「方針」は「目指す方向」、「ビジョン」は「理想像」を表す」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: