言葉の意味

「潮時」の意味と語源・使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役記者がサクッと解説!

「潮時」(読み方:「しおどき」)という言葉は、「今の仕事をこれ以上続けるのは無理だ。そろそろ潮時か」「そろそろ片思いの潮時かもしれない」などのような形で用いられることが多くあります。

ただし、この言葉は誤用されることが多い語の一つとして挙げられ、上記の使い方も適切とはいえません。

それでは、本来の意味はどのようなものでどのような使い方をするのか、ここではもともと備わっている意味と語源や使い方、また併せて類義語や言い換え表現について、科学・技術系記事の執筆を中心に活躍する筆者が解説していきます。

「潮時」の意味と語源・使い方・例文

image by iStockphoto

それでは、始めに「潮時」の意味と語源、使い方を紹介していきます。

「潮時」の意味は?

まず、「潮時」には以下のような意味があります。

1. 潮が満ち干きする時刻。

2. あることをするためのちょうど良い時期、好機、時機。

1の意味は別として、一般的には、本来2の意味であるところを「物事をやめる時期」という意味として用いられています。

ただし、上記のように本来は「何かをするために(客観的に見て)最も都合の良い時」のことを表す語となっており、一般的に用いられている「何かをやめるのにちょうどいい時」という意味での使い方は誤用です。

なお、「やめるのにちょうどいい時」を表現するには、「良いやめ時」といった直接的な表現や、「何かをやめる間際や、そのときの身の処し方」を意味する「引き際」を用いて「ちょうどいい引き際」といった表現を用いると良いでしょう。

「潮時」の語源は?

それでは、次に「潮時」の語源・由来について説明します。

「潮時」はもともと、1の意味である「潮が満ち干きする時刻」だけを意味し、潮が満ちていく「満ち潮時」や潮が引いていく「引き潮時」などといった形で漁師などが使っていた言葉だそうです。

そして、こういった意味から、漁師が漁に出る好機を「潮時」というようになり、それが転じて現在の「何かをするのにちょうどいい時」を表すようになったと考えられます。

「潮時」の使い方は?

この言葉は、主に「ある物事をする時機」について述べる場面で、「~をする潮時」「潮時を見て」「潮時を見計らって」などの形で、たとえば以下のように用いることができます。

「すでにもういい時間だったので、潮時を見て友人宅を辞去した」

「今はちょうどその事業を始める潮時にきている」

「潮時を見計らって退職を切り出す」

「今が開業するのにちょうど良い潮時だ」

「長年、プロ野球選手として足掻いてきたが、そろそろ現役から身を引く潮時かもしれない」

「恋人に話を切り出す潮時を判断する」

「波の状況を見るに、船を出すには今がちょうど良い潮時だ」

「この喫茶店の店主は、食後のコーヒーを出す潮時が分かっている」

「我が社にとっていま年号が平成から令和に変わったのはいい潮時だった」

「潮時」の類義語は?

image by iStockphoto

それでは、次は「潮時」の類義語・類語である「好機」「時機」「頃合い」について見ていきましょう。

まず、これらの語には以下の意味があります。

「好機」:物事を行うのに良い機会、ちょうど良い折

「時機」:あることを行うのに適当な機会、ちょうど良い時、都合の良い機会。潮時。

「頃合い」:適当な時機。良い潮時。好機。

次のページを読む
1 2 3
Share: