言葉の意味

「策定」の意味と使い方・例文・「計画」「決定」「制定」との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「策定」(読み方:「さくてい」)という言葉は、「~を策定する」「~の策定」といった形でよく使われています。

企業などの方針や計画、戦略を考えて決めることをいう場合によく使われていますが、具体的にどのようなことを現すのか、また似た意味のある「計画」「決定」「制定」といった語がとは具体的にどのような違いがあるのか、中には疑問を抱くことがあるかもしれません。

「策定」という言葉はビジネスシーンで多用される言葉ではありますが、「計画」「決定」は日常のプライベートでも使用する言葉として便利です。また、「制定」は法律関係で耳にする言葉ではありますが、これらは同じ要素を含む言葉であり、意味の違いを把握しておけば、より適切な場面で正しく使うことができるようになるでしょう。ビジネスなどに関わる機会のない人でも、この言葉に触れることがあったときには正しく理解できるようにしておきたいですね。

「策定」の意味と使い方や「計画」「決定」「制定」という言葉の違いについて、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。これらの言葉の例文なども確認して、より適切に使い分けられるようにしましょう。

「策定」の意味と使い方・例文・「計画」「決定」「制定」との違い

image by iStockphoto

日常生活では、主にビジネスシーンで使うことがある「策定」という言葉ですが、ビジネスプランやスケジュールなどを作る時に使うことが多いのではないでしょうか。プライベートでは使う機会は少なく傾向があるものの、その意味とニュアンスを掴んでおけば使う時に便利ですね。また、「策定」とよく似た言葉として挙げられる「計画」「決定」「制定」にはどのような意味やニュアンスの違いが含まれているのでしょうか。これらの語を使い間違えないようにするためにも、まずは「策定」の意味と使い方のヒントとなる例文を見ていきましょう。合わせて「計画」「決定」「制定」の意味と使い方もご紹介します。

「策定」の意味

「策定」という言葉を耳にするビジネスマンの人も多いのではないでしょうか。様々な要素が絡み合うビジネスプランの立案や作成において非常に役立つ「策定」という言葉は、一般的には計画を練っていくようなときに使われることが多いでしょう。また、和製英語の「フィックス」という言葉も「策定」と同じ意味になります。使い勝手の良いと思われる「策定」の意味はどんなものになるのでしょうか。辞書の定義を元に「策定」の正しい意味を知っておきましょう。

方針を立てて決めること。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「策定」

つまり、「ある物事を行う上での基本的な考え方や目指す方向を考えて決めること」を表す語となっています。

 

「策定」の使い方・例文

物事の方針を立て決めていくことを示す「策定」ですが、実際にこの言葉を使用する人なら、その使い方についてはご存知かと思います。あまり使用したことがないという人であれば、例文をチェックしてそのニュアンスを掴んでおきましょう。よく似た言葉が多い「策定」なので、適切なシチュエーションで言葉を使えるようにしておきたいですね。普段よく使う人も、おさらいの意味を込めて例文を確認してみてくださいね。

「彼は起業するにあたり、事業の柱や基盤となる事業計画書を策定した」

「教育委員会の規則により、各公立学校の校長は学校運営規定の策定が必要とされている」

「委員長である社長のもとに各部署の責任者で構成された情報セキュリティ委員によりセキュリティポリシーが策定された」

「経営状況の把握・改善や従業員とのビジョン共有のために経営計画を策定することは経営者にとって重要な仕事の一つだ」

「策定」「物事を行う上で基本となる考え方や進むべき方向を作り出す、考えて決めること」をいい、上記のように権限のある人が組織の運営を円滑に行うための規定や計画などを作り上げて決めることについていう場合などに「~を策定する」「~の策定」といった形で使われています。

次のページを読む
1 2 3
Share: