言葉の意味

「周知」の意味と使い方・例文・「案内」「伝達」との違いは?日本文学専攻の現役ライターがサクッとわかりやすく解説!

「案内」「伝達」との違いは?

image by iStockphoto

「周知」の言葉の意味がわかったところで、次には「周知」の類似語を見ていきましょう。

「周知」に似た意味のある言葉には、「案内」「伝達」といった言葉があります。

これらは一体どのような意味を持ち、「周知」と何が違うのでしょうか。

この項目では、「案内」「伝達」の意味や、「周知」との違いについて解説します。

「案内」の意味は?

まずは、「周知」の類似語の一つである「案内」について見ていきましょう。

非常によく使われる言葉ですが、こちらも深く意味を考えたことがある人は少ないはずですので、改めて確認していきます。

さて、早速辞書で調べてみると、「案内」には以下のような意味があることがわかりました。

案内:事情を説明し知らせること。また、その知らせ。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「案内」

「伝達」の意味は?

次に、「周知」のもう一つの類似語、「伝達」の意味を調べてみましょう。

「伝達」を辞書で引いてみると、下記のように定義されていることがわかります。

伝達:命令・連絡事項などを伝えること。つぎつぎに伝え届けること。

出典:広辞苑 第6版(発行所 株式会社岩波書店)「伝達」

「案内」「伝達」を「周知」と比較するとどうなる?

さて、「案内」や「伝達」の意味がわかったところで、気になるのが「周知」との違いです。

早速、「周知」と類似語である「案内」「伝達」の違いを、例文を用いて比較してみましょう。

「周知」「案内」「伝達」のそれぞれの例文は下記のようになります。

\次のページで「「周知」「案内」「伝達」は、範囲や方式によって使い分けましょう!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: