言葉の意味

「明鏡止水」の意味や語源・英訳・使い方・類義語・対義語は?現役ライターがサクッと解説!

「明鏡止水」(読み方:「めいきょうしすい」)は、「明鏡止水の心境」「明鏡止水の境地」などの形で用いられる四字熟語です。

とはいえこの言葉は、普段の日常会話の中で頻繁に用いる言葉ではないため、具体的にどのようなことを表し、どのような使い方をするのか中には疑問に思うこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「明鏡止水」の意味や語源・英訳・使い方、またそれと併せて、類義語である「虚心坦懐」という言葉との違いや対義語について「誰にでも分かる言葉で伝える」を心掛ける現役ライターが分かりやすく解説していきます。



「明鏡止水」の意味や語源・英訳・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは、以下に「明鏡止水」の意味や語源・英訳・使い方を例文を交えて説明していきます。

#1 「明鏡止水」の意味は?

まず、「明鏡止水」の意味について見ていきましょう。この言葉の意味は、以下のようになります。

くもりのない鏡と波立たない静かな水の意。心にやましい点がなく、澄み切っていること。

出典:大辞林 第三版「明鏡止水」

つまり、「心にやましいことが何もなく、純粋で澄み切った心境」を表した言葉です。

#2 「明鏡止水」の語源・由来は?

次に、「明鏡止水」の語源について見ていきましょう。

これは、「明鏡」と「止水」の2つの言葉の組み合わせからできており、『荘子』という中国の哲学書に由来した言葉です。
この哲学書の中で、「明鏡」とは「ほこりなどが一つもない鏡」を人の心に例えて「一点の曇りもない澄み切った心」を表しており、偏見や身分などに囚われずに物事をまっすぐに見る心を持つ師の傍にいれば、同じような心を持つことができるということを記しています。また、「止水」とは「流れの止まった水が鏡になる」ことを人の心に例えて「動じず落ち着いた心」を表しており、「安らぎを求める人は穏やかな人の元に集まる」ということを記しているのです。

このことから、「明鏡止水」とは、「やましいことがなく、澄み切った心」を表しています。

#3 「明鏡止水」の英訳は?

次に、「明鏡止水」を英語でどのように表現するのか見てみましょう。

●mind as serene as a polished mirror

「serene」は「穏やかな、落ち着いた」、「polished」は「磨かれた」という意味を表しているため、「mind as serene as a polished mirror」で「明鏡止水の心」と訳すことができます。

#4 「明鏡止水」の使い方・例文

この言葉は「邪な感情などがなく落ち着いた静かな心境」を表す場合に、たとえば以下のように用いることができます。

「さまざまな苦境を乗り越えた末に明鏡止水の境地に達する」
「明鏡止水の心境に達したいと願う」
「明鏡止水の心境で物事を受け止められるようでいたい」
「友人に裏切られるなどショックな出来事が続き当時は取り乱したが、今では邪心も消えて明鏡止水の心境といったところだ」

「明鏡止水」とは、「明鏡」と「止水」という2つの言葉の組み合わせで出来ており、「一点の曇りもなく、落ち着いた心」を表した言葉です。この言葉は、「明鏡止水の心境」などと用いられ、落ち着いたまっすぐで純粋な心を表現するときに用いられます。

「明鏡止水」の類義語は?

image by iStockphoto

次に、「明鏡止水」の類義語について見ていきましょう。この言葉には、「虚心坦懐」などがあります。

#5 「虚心坦懐」

まず「虚心坦懐」には、以下のような意味があります。

心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること。また、そのさま。

出典:精選版 日本国語大辞典「虚心坦懐」

つまり、この言葉は、「悪意や不満などの感情がなくさっぱりしている様子」や「そうした心で物事に臨む様子」を表しており、たとえば以下のように用いることができます。

「明日の学会発表は、虚心坦懐の心構えで頑張ろうと思う」
「色々なことがあったが、虚心坦懐、ここからまた力を合わせてやっていこう」
「噂話に惑わされてはいけない。虚心坦懐に人と接することが大事だ」
「大喧嘩をして私は彼にひどい言葉を浴びせてしまったが、彼は虚心坦懐に翌日接してくれた」

「明鏡止水」の類義語には「虚心坦懐」がありがあり、「わだかまりがなくさっぱりしている様子」を表している言葉です。「明鏡止水」は「落ち着いた曇りのない心の状態」を表しているのに対し、「虚心坦懐」は「わだかまりやこだわりなどのない状態で物事に臨む様子」を表しているというニュアンスの違いがあります。

「明鏡止水」の対義語は?

image by iStockphoto

最後に、「明鏡止水」の対義語について見ていきましょう。この対義語には「疑心暗鬼」などがあります。

#6 「疑心暗鬼」

「疑心暗鬼」の意味は、以下のようになります。

疑心があるために、何でもないつまらないことまで、恐ろしく感じたり疑ったりすること。

出典:精選版 日本国語大辞典「疑心暗鬼」

この言葉は、たとえば以下のように用いることができます。

「ここ最近、立て続けに嫌なことが起こり、彼女は疑心暗鬼に陥った」
「恋人に浮気されてからというもの、彼は疑心暗鬼になっている」
「信用していた人に裏切られ、彼女は疑心暗鬼になり相談できる人がいなくなった」
「疑心暗鬼になっていては、チームプレーで良い結果など出せないよ」

「明鏡止水」を使いこなそう

以上、「明鏡止水」の意味や語源・英訳・使い方についてまとめました。この言葉は「邪な考えがなく静かに落ち着いた心」を表しており、「明鏡止水の心境」などと用いることができます。

この類義語は、「虚心坦懐」などです。この言葉は「わだかまりなどがないすっきりとした様子で物事に臨むこと」を表している言葉であり、たとえば「虚心坦懐に耳を傾ける」「虚心坦懐に考える」などの形で用います。
これらの言葉は近い意味ではありますが、微妙にニュアンスの異なる言葉であるため、使い方には注意しましょう。

また、この対義語には「疑心暗鬼」などがあります。

Share: