言葉の意味

「恣意的」の意味と使い方・例文・「作為」「故意」との違い・類義語は?現役記者がサクッと解説!

「任意」の使い方は?「恣意的」との違いは?

image by iStockphoto

では次に、「任意」の使い方と「恣意的」との違いについて見ていきましょう。

「任意」は、例えば以下のように用いることができます。

「任意捜査の名目で部屋に踏み込むのは少し無理がある」

「この国は、任意でシェルターを装備している企業や個人が多いことで有名だ」

「ホテル側の協力を得て資料を任意提出してもらった」

「任意同行を求めて自供を得た後で、緊急逮捕するという方針が決定した」

「任意」は「随意」とほぼ同じ意味であるため、「随意」と「恣意的」の違いと同様なニュアンスの違いがあります。

「恣意的」は「思いつきで」「自分の欲するままに」行動することを表し、否定的なニュアンスが含まれる

以上、「恣意的」の意味と使い方、「作為的」「故意」との違い、類義語についてまとめました。

「恣意的」には「自分勝手、気ままな振る舞い」といった意味があり、あまり良い意味で使われる言葉ではありません

ただし、意図して何かを行うという意を含む「作為的」「故意」といった語とは異なるため、混同しそうな場合には上記のようなニュアンスの違いを意識すると良いかもしれません。

また、「恣意的」の類義語として「随意」「任意」を挙げましたが、「随意」「任意」はどちらかというと「自由に、自発的に」といった意味であり、また「恣意的」のように否定的なニュアンスもないため、場面や状況に応じて適切に使い分けると良いかと思います。

1 2 3
Share: