言葉の意味

「普遍」の意味と使い方・例文・対義語・類似した表現との違いは?現役ライターがサクッと解説!

「普遍」(読み方:「ふへん」)という言葉は、主に「普遍的な~」といった形で用いられます。

この言葉は具体的な意味が捉えにくいところがありますが、実際のところどのようなことを表しどのような使い方をするのか、ここでは「普遍」の基本的な意味と使い方、また対義語となる言葉や類似した意味のある語(「一般」・「普通」)との違いについて説明していきます。

「普遍」の意味と使い方や対義語・類似した表現との違いについて、大手企業での勤務後ライターとして数々の記事を編集・構成・執筆を手がけている筆者が解説していきます。これらの言葉の例文なども確認して、より適切に使い分けられるようにしましょう。

「普遍」の意味と使い方・例文・対義語・類似表現との違い

image by iStockphoto

「普遍」という言葉については、一般的に日常生活で使用する頻度も少ない言葉なのではないでしょうか。普段馴染みの少ない「普遍」という言葉ですが、「普遍的」という言葉遣いなら見かける事もありますね。共通しているということを表現するこの「普遍」という言葉ですが、その使い方はどんなものになるのでしょうか。この言葉の意味と例文をチェックしてみましょう。また、「普遍」の対義語に当たる言葉や、類似表現についてもご紹介していきます。使う機会も多いであろう類似表現や対義語を把握して、言葉の表現を広げるためにも役立てみてはいかがでしょうか。

「普遍」の意味

一般的には「時代や場所が変わっても共通している」という使い方をすることが多い「普遍」という言葉について、その意味をチェックしましょう。シチュエーションや特定の場面では、「普遍」という言葉は非常に便利であり、その意味を簡潔に伝えるために役立てることができそうですね。辞書に記載されている「普遍」の定義を知った上で、その使い方などもチェックしていきましょう。

広く行きわたること。また、すべてのものにあてはまること。

哲学で、宇宙・世界の全体にかかわっていること。また、特殊・個物に対して、ある部類に属するすべての事物に共通する性質。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「普遍」

 

つまり「広く、または地域や場所を問わず共通しているもの」について言い表す表現として使用できます。

「普遍」の使い方・例文

使い勝手の良い言葉である「普遍」ですが、そのニュアンスはどんなものになるのでしょうか。類似表現とは若干ニュアンスが異なってくる「普遍」についての使い方のヒントになる例文をご紹介していきます。「普遍」があまり使い慣れない言葉という人でも、例文をチェックして日常で使うためにニュアンスを掴んでみてくださいね。

「死というのはすべての人において普遍に訪れる」

「地球は球体であるという考え方が現代では普遍的に認められている」

「言語は人類におけるコミュニケーションの普遍的な方法として存在している」

「普遍」の対義語・類義語

「普遍」の意味やニュアンスについて掴みづらいという人なら、対義語からその意味を掴んでみることもできます。「普遍」の対義語の意味から、言葉の立ち位置を確認してみましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: