言葉の意味

「杞憂」の意味と由来・使い方・例文・同義語・類義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「彼が受験に失敗したらと思うと気が気でなかったが、とり越し愚弄だったようだ」


「取り越し苦労なら良いが、明日の試合に負けてしまうのではないかと不安になっている」


「彼女は常日頃から取り越し苦労をしている」

「杞憂」の類義語4:思い過ごし

「思い過ごし」:考え過ぎること、余計なことまで考えて心配すること、悪く考えること。

「彼の態度がよそよそしなったような気がして何か隠し事でもあるのかと疑っていたが、思い過ごしだった」


「彼らは非常に中が悪いと思っていたが、どうやら思い過ごしだったようだ」


「思い過ごしかもしれないが、彼女の目に侮蔑が含まれたように見えた」

「杞憂」や「取り越し苦労」が「必要のない心配をすること」を表すことに対して、「思い過ごし」は「余計なことを考え過ぎる、物事を悪く考える」という違いがあります。

「杞憂」の対義語

image by iStockphoto

ここで「杞憂」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「杞憂」の対義語1:暢気

「暢気」:物事をあまり気にすることがなく心配症ではないこと。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: