言葉の意味

「懸念」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッと解説!

「懸念」(読み方:「けねん」)という言葉は、「~が懸念される」「懸念が高まる」などの形でよく用いられています。

比較的耳にする機会が多い語ではありますが、具体的にこの言葉はどのようなことを表しているのか、もしくは似た意味のある「危惧」「心配」などの語とどのような違いがあるのか、中には疑問が浮かぶこともあるかもしれません。

そこで、ここでは「懸念」の意味、由来や使い方、対義語、類似語を例文を交えながら、半年で独立したプロブロガーの筆者が解説していきます。

「懸念」の意味と使い方・例文

image by iStockphoto

まず、「懸念」の意味と使い方を解説します。

「懸念」の意味とは?

「懸念」には以下の意味があります。

1.先行きが気にかかって不安になること。


2.仏教で、一つのことに執着すること。執念。


出典:明鏡国語辞典「懸念」

上記のうち一般的には1の意味で用いられ、「将来のことが心配で不安になること」を表す語となっています。

「懸念」の語源

「懸念」といえば、先々のことに対する不安・心配などについて連想してしまうのではないでしょうか。


しかし、元々は仏教の言葉で、「一つのことに執着する」という意味を持っています。


「彼女との将来を懸念している」のように用いられた場合、上記の意味で捉えると「彼女との将来だけを考えている」というように良い意図を表しているということですね。

「懸念」の英語表現

次に、「懸念」を英語で表す場合の表現について見ていきましょう。

「懸念」の意味を英語で表した場合、「Concern」「fear」「worry」と用いることができます。

ここで、「懸念」の英語表現を例文で見ていきましょう。

「彼はこの問題の懸念すべき点を伝えた」:「He described the points of concern for this issue」

「解決策は全て揃っているので懸念すべきことはない」:「There is nothing to worry about, as all the solutions are in place」

「不健康な生活を続けているので病気にならないか懸念している」:「I’m fear that I will not get sick because I continue my unhealthy life」

「懸念」の使い方と例文

次に、「懸念」を例文を使って見てみましょう。

たとえば以下のような使い方をすることができます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: