言葉の意味

「煩雑」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッとわかりやすく解説!

「煩雑」の類義語4:複雑

複雑:要素が複雑にからみ合い、簡単に説明ができない状態のこと。

「一つ一つは簡単なものだが、複雑になっているので簡単には終わらない問題だ」

「他社からの介入で問題がいっそう複雑化したため、作業量が膨らんでしまった」

「彼には他人には言えない、複雑な事情がたくさんあるようだ」

「複雑」は日常でもよく見る言葉ではないでしょうか。

「煩雑」とは要素が絡み合っているという点では同じ意味ですが、「複雑」にはわずらわしいという感情が入っていません。

ですので、感情的にわずらわしいと思うのであれば「煩雑」を、そうでないのなら「複雑」というように使い分けると良いでしょう。

「煩雑」の対義語

image by iStockphoto

ここで「煩雑」にはどのような対義語があるのか解説していきます。

「煩雑」の対義語1:簡略

「簡略」:簡単で手軽なこと

「あまりにも簡略にしすぎたため、記事内容が理解されていないようだ」


「食事のおかずが簡略すぎて、物足りなく感じた」


「問題の内容が簡略で、試験時間が余ってしまった」

\次のページで「「煩雑」の対義語2:簡易」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: