言葉の意味

「煩雑」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッとわかりやすく解説!

「サイトの仕様が繁雑で、作業時間を長くとられているので改善すべきだ」


「繁雑を極める作業内容によって日々残業している」


「技術発展によって、繁雑な作業が少なくなったので感謝すべきだ」

「煩雑」と「繁雑」は、どちらも読み方が同じで意味も似通っていますが、「煩雑」は心理的な煩わしさが含まれることに対して、「繁雑」はするべきことが多いことを表すといったニュアンスの違いがあります。

ビジネスシーンにおいては、読みが同じなので誤変換が発生してしまう可能性があります、十分に注意して使いましょう。

「煩雑」の類義語2:煩瑣

「煩瑣」:細かく込み入っていて煩わしいこと。

「煩瑣な事務作業が年度末になると発生し、慌ただしくなる」


「読書をしていると煩瑣な言い回しが多く、読みづらい印象を受けた」


「煩瑣な家事労働は共働きの主婦からすれば大きな負担となる」

「煩雑」の類義語3:面倒

「面倒」:複雑で解決が容易でないこと、物事をするのが煩わしいこと。

「今回の仕事で使用する機械だが、状態を維持するのも手間がかかり面倒だ」


「部屋の掃除をしようと決めても面倒だと考えて中々取り掛からない」


「面倒な作業ばかりを任されて不満が溜まっている」

\次のページで「「煩雑」の類義語4:複雑」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: