言葉の意味

「デジャヴ」の意味や使い方・原因・特徴は?現役ライターがサクッとわかりやすく解説!

#4 「予知夢」

次に2つ目の説は、「予知夢」です。

「予知夢」とは、「ある物事に関する知識や情報のない状態で、第六感的な不思議な感覚により未来を予知する夢」のことを意味します。「予知夢」で見た光景と同じような状況にいたり、見たりすることで、「前にもこの光景を見たことがある気がする」という感覚になるのです。

#5 「左右の目」

最後に3つ目の説は、「左右の目」です。人間の目は、左右で物事を見るスピードが違うため、目からの情報を脳内記憶するスピードにも差がます。そのため、今見たものを過去にも見たことがあるように、脳が錯覚してしまうようです。

「デジャヴ」を感じやすい人の特徴

image by iStockphoto

最後に「デジャヴ」を感じやすい人の特徴を見てみましょう。特徴としては以下の3つが挙げられます

●ストレスの多い人
●10代~20代の若者
●旅行が多い人

それぞれの特徴を次から詳しく見ていきましょう。

#6 ストレスの多い人

ストレスの多い人は、日常生活により脳が疲労している上、睡眠中も脳が休めていないことがあるようです。そうすると、記憶障害など、脳が混乱した状態となり、「デジャヴ」を感じやすい状態となります。

ストレスが全くない人はいないでしょうが、できるだけ上手に発散し、心も身体も健康でいるために、身体をゆっくり休めることは大切ですね。

#7 10代~20代の若者

10代~20代は、初めて見たり体験することが多く、脳内への情報量が一番多い時期といえるでしょう。また、感受性が豊かな時期でもあるため、見たり経験したりしたことから様々なことを考えることが多い時期というのも、関係しているのかもしれませんね。

#8 旅行が多い人

旅行が多い人も、様々な場所ヘ行くことで、視覚からの情報量が多くなります。そのため、脳内記憶の過程で伝達ミスが起こったり、あるいは、旅行による身体的な疲労から「デジャヴ」を感じることが多くなるのかもしれません。

\次のページで「「デジャヴ」について理解しよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: