言葉の意味

「なるほど」の意味と使い方・例文・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説

「なるほど」という言葉は、会話の中であいづちを打つ際によく用いられます。

使いやすい言葉なので頻繁に使う人が多いかもしれませんが、場面によっては気を付けたほうが良いこともあります。

そこで今回は、「なるほど」という言葉を使う際に注意すべき点や、同じ意味で違う言い方をしたい場合にはどのような表現があるのかということについて、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきます。

「なるほど」の意味と使い方・例文・言い換え表現

image by iStockphoto

それでは、以下に「なるほど」の意味と使い方を説明していきましょう。

「なるほど」の意味は?

image by iStockphoto

「なるほど」は、「(相手の説明などに)納得できた時、または相手の話に相槌をうつ時に発する語」で、「自分では気付かなかったことを他人に示されて同意している気持ち」を表す言葉です。

「成る程」の「成る」は「できあがる」「成立する」という意味が、「程」は「~くらいまで」という意味があります。つまり「成る程」のもともとの意味は、「できる限り」というものでした。その「できる限り」が「それ以上のものがない」という意味から「その通りだ」の意味で使われるようになったと考えられています。

「なるほど」の使い方・例文

image by iStockphoto

「なるほど」は、会話の中で次のように用いることができます。

「なるほど、それでわかった」
「なるほど、そういうことか」
「なるほど、君の言うことはもっともだ」
「なるほど、確かにそれはそうだ」
「なるほど、おっしゃる通りです」
「なるほど、これはそういう使い方があるのですね」
「なるほど、そういうことだったんですね」

ただし、話している相手が目上の人である場合、使い方によっては失礼な印象を与える恐れがあります。

たとえば「なるほどですね」や「なるほど、なるほど」というように、省略や連呼して使用するのは控えたほうが良い言い方です。

「なるほど」という言葉自体、目上の人が目下の人の言動に対して肯定したり確認したりするニュアンスを含むため、目上に対しては使わない方が無難でしょう。

「なるほど」の類義語

image by iStockphoto

「なるほど」の類語には、「道理で」「確かに」「やはり」「思った通り」「見込み通り」「納得」などがあります。

「道理で」は「どうりで」と読み、「物事の原因や理由に思い当たるふしがあるさま」のことを表す言葉です。

「どおりで」と読むと、漢字は「通りで」になり、「物事が変わらない状態のまま」という意味になります。「今まで通りよろしくお願いします」のような使い方をするのが「通り」です。

「なるほど」の言い換え表現

image by iStockphoto

では次に、「なるほど」を言い換える場合の表現について見ていきましょう。

もし相手が目上の人や顧客であるなど、「なるほど」以外の言葉を使って相手の話に納得・同意していることを示したい場合には、以下のような表現に置き換えることができます。

次のページを読む
1 2 3
Share: