言葉の意味

「早速」の意味とビジネスメールにおける使い方・類似表現は?現役ライターがサクッとわかりやすく解説

「至急」

image by iStockphoto

「至急(しきゅう)」は「非常に急ぐこと、大急ぎ」「自体が非常に差し迫っているさま」といった意味を持つ言葉です。

これも相手を急かせることになりますから、目上の相手には使わないようにしましょう。

「至急」は、急を要して相手に何かを依頼するなどの場面で、以下のように用いることができます。

「至急FAXを送ってください」
「至急回答をお願いいたします」
「その件について、至急ご対応をお願いします」

「早々」

image by iStockphoto

「早々(そうそう・はやばや)」は、「ある状態になって間もないこと」「急いで物事を行うさま」を表す言葉です。

「早々」も「早くしてください」という意味を含んでいますから、目上の相手には使わないようにしましょう。

「その日、私は早々と仕事を切り上げて帰った」

「入社早々申し訳ありませんが、この仕事をお願いしてもよろしいでしょうか?」

などの使い方をします。

「取り急ぎ」

image by iStockphoto

「取り急ぎ(とりいそぎ)」は、「とりあえず」「急いで」を表す言葉です。

「準備は十分にできていませんが」「時間がないのでひとまず」というニュアンスを含みますので、本当に急いでいる場合でなければ、相手に雑な仕事をしている印象を与えてしまう恐れがあるため注意しましょう。

「取り急ぎご連絡申し上げます」

「取り急ぎのご報告失礼いたします」

のように使います。

「速やかに」

image by iStockphoto

「速やかに(すみやかに)」は、「手間をとらず早く」「時間をおかずにすぐ」という意味の言葉です。

「できるだけ早く」というニュアンスを含みますので、目上の相手には使わない方が無難でしょう。

「速やかに帰宅してください」「速やかに報告いたします」などの使い方をします。

「直ちに」

image by iStockphoto

「直ちに(ただちに)」は、「時間をおかずに」「すぐ」の意味を表します。

「今すぐに」ということですが、目上の相手にも「直ちにお知らせください」のように使うことができる言葉です。自分の行動に対しても「直ちに伺います」のような言い方ができます。

\次のページで「(1000003)の「早速」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:

Leave a reply