言葉の意味

「配布」の意味と使い方・例文・「配付」との違いは?新聞記者歴29年の筆者がわかりやすく解説!

つまり、「配布」は「通りがかりの人など、ランダムに選択された多くの人=不特定多数の人に広く何かを配ること」について言い表す言葉です。したがって、基本的には配る相手が誰なのかは問いません。一方、「配付」は「ひとりひとりに何かを配る」ということを指します。配る相手はあらかじめ決められた人々であり、ひとりずつ確認しつつ配るというニュアンスを持った言葉です。

英語で表現すると

英語で「配布」に当たる言葉にはdistributeがあります。ただし、「配布」「配付」いずれの意味も持っているので、気をつけておきたいところです。

例文:

distribute flyers to passers-by(通行人にチラシを配布する)

distribute pay slip(給与明細を配付する)

また、他の言い回しではgive out、hand outを使ってもよいでしょう。

例文:

give out free samples(無料サンプルを配布する)

hand out the documents(文書を配付する)

覚えておくと役に立つかもしれません。

違いを知って使い分けを

以上、「配布」の意味と使い方、また「配付」との違いについて解説してきました。

この言葉は「たくさんの人に広く行き渡るように配ること」を言い表し、対象となる人を限定せずに不特定・広範囲の人に渡るよう配ることをいう場合に使われています。配るものや配る手段は特別限定されません。広告用のチラシ・ポケットティッシュなどを街角で通行人に配るというイメージが思い浮かびますが、ネット経由で「配布」されるものもあります。

「配付」も同じような意味がありますが、この場合は対象となる人が決まっており、その人たち向けに配ることについていう言葉です。「配布」とは非常に似ているものの、決定的な違いがありました。

これらはどちらも何かを配ることに関する言葉ですが、それぞれ異なるシチュエーションで使う言葉なので、適切に選択して使い分けるとよいでしょう。

1 2
Share:

Leave a reply