言葉の意味

「役不足」の意味と使い方・例文・類義語・対義語は?現役のブロガーがサクッとわかりやすく解説!

役不足の対義語4:分不相応

「分不相応」:身分や地位、経済力などが見合っていないこと。

「彼はお金がないのに見栄を張って分不相応なブランド品で固めている」

「あいつは実力がないのに上司へのゴマすりだけで分不相応な課長の座を手に入れた」

役不足の対義語5:未熟

「未熟」:技術・教養などが熟練していないこと。一人前でないこと。

「彼はまだ未熟だからこの仕事は任せられない」

「未熟者ですが、精いっぱい頑張らせていただきます」

「役不足」を上手く使いこなそう

以上、「役不足」の意味と使い方、反対語について説明しました。

この言葉は「役者不足」の意味と勘違いして解釈されていることが多いとされますが、それぞれ「役が(自分に)不足である」「(役に対して)力量が不足している」と考えると分かりやすいかと思います。

また、ビジネスシーンにおいては「役者不足」では通じなかったり、一瞬混乱を招くこともあるかもしれません。「力不足」で十分意味が通じますので、こちらを用いるのが奨励です。

1 2 3 4
Share:

Leave a reply