言葉の意味

「当方」とは?ビジネスにおける意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

「小職」

image by iStockphoto

「小職(しょうしょく)」は、自分が属する会社のことではなく、「私」個人を表す一人称の表現です。そのため、「当方」の代わりに「小職」を使うことはできません。

もともとは官職(国家公務員)が自分を謙遜して使っていた言葉ですが、現在では民間でも使われるようになっています。しかし、この「小職」は役職の高い人が自分を謙遜して使う言葉であり、一般の社員が目上の人に対して使うのは失礼にあたるため、注意が必要です。

「小生」

image by iStockphoto

「小生(しょうせい)」も、個人を示す一人称ですので、「当方」と同じ使い方はできません。

女性が使う言葉ではなく、男性が自分のことをへりくだって言う表現です。基本的には手紙などで使い、口頭では使いません。

丁寧な言葉ではありますが、自分と同等か目下の人に対して使うものであるため、目上の人に使うと失礼にあたります。

「当方」の対義語

image by iStockphoto

それでは、「当方」の反対の意味を持つ言葉は何になるのでしょうか。

「先方」

image by iStockphoto

「当方」の対義語は「先方(せんぽう)」です。

「先方」は「相手の人、相手の会社、相手方、向こう、先の方」を表す言葉で、英語では「the other (party・person・side)」「they」などにあたります。

敬称ではありませんので、直接相手に対して使う言葉ではありません。社内での会話などで該当する第三者(取引先の企業など)を指して言う表現です。

相手が目の前にいる場合には、「先方」ではなく「御社」「貴社」を使い、個人に対してであれば「〇〇様」などと名前で呼びましょう。

へりくだった表現が必要かどうかで使い分けよう

以上、「当方」の意味と使い方、類似した表現などについて紹介しました。

この言葉には「自分側、自分の所属する組織方」という意味があります。

一般的に用いられる「弊社」「私ども」というようなへりくだった言い方とはニュアンスが異なるため、「当方」を使う際にはそれらとの違いに留意しておくと良いでしょう。

1 2 3 4
Share:

Leave a reply