言葉の意味

「当方」とは?ビジネスにおける意味と使い方・例文・類義語は?現役ライターがサクッと解説

自称。商人、芸人などが用いた語。わたくしども。商人は「わたくしたちの家庭」「わたくしたちの店」の意にも用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典

「私ども」と同じように一人称の代名詞として用い、へりくだる意味が含まれるため、(主に商業を営む人が)「私ども」と同じような使い方で用いることができます。

(「手前ども」の接尾語である「ども」にへりくだる意味が含まれています)

「当社」

image by iStockphoto

「当社(とうしゃ)」は、「この会社」という意味で、自分が属している会社を指す言葉です。

自分の会社を客観的に表し、他者との上下関係がなく対等な位置づけとなります。

主に社内で使う言葉で、自社の文書や会議などで他社と比較するときなどに使う丁寧語です。

「弊社」

image by iStockphoto

「弊社(へいしゃ)」は、やはり自分の属する会社を表す言葉ですが、相手に対してへりくだって言うときに使います。

「弊」という字には「ものが破れてぼろぼろになる」の意味があり、「弊社」というと自分の会社を卑下することで謙遜を表しているのです。

相手は顧客や取引先などがほとんどで、自社内の会話で使うことはありません。

なお、お店の場合は「弊店」といいます。

「我が社」

image by iStockphoto

「我が社(わがしゃ)」も自分の会社のことを指しますが、主に社長や役員などが社内で使うのに適した言葉です。

一般社員は「当社」と使う方が無難でしょう。

「弊方」

image by iStockphoto

「弊方(へいほう)」は、「当方」よりもさらにへりくだった表現です。「当社」の謙譲語が「弊社」であるのと同様、「当方」の謙譲語は「弊方」になります。

自分の属する組織や会社を表す言葉ではありますが、「弊社」の方がよく使われており、「弊方」はあまり使われていません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:

Leave a reply