言葉の意味

「幸いです」の意味と使い方・「幸甚」「ありがたい」との違いは?現役ライターがサクッと解説

「幸いです」の類似表現

image by iStockphoto

次に、「幸いです」の類語にはどのようなものがあるのか、またそれらと「幸いです」との使い分け方について見ていきましょう。

「幸甚(こうじん)です」

image by iStockphoto

「幸甚」は「非常にありがたく、幸せに思うこと」という意味がある言葉です。

「幸甚です」「幸甚の至りに存じます」などの形で、「幸い(です)」と同じように用いることができますが、「幸いです」よりも丁寧な表現といえます。

改まった言い方ですので、ビジネスメールなどの書き言葉として目上の人への仕事依頼などに使いましょう。親しい間柄の人に対して使うと、よそよそしい印象を与えてしまいます。

また、あまり乱用すると言葉の重みがなくなってしまいますので、気を付けましょう。

「幸甚です」を使った例文は次の通りです。

「恐れ入りますが、至急お返事いただければ幸甚です」
「お引き受けいただければ幸甚に存じます」
「ささやかな会ではございますが、ご出席いただけましたら幸甚の至りに存じます」
「このような機会をいただきまして、幸甚の至りに存じます」

「ありがたく存じます」

image by iStockphoto

「ありがたく存じます」という表現は、「ありがたい」と「存ずる」を組み合わせた言い方です。

「ありがたい」には、「好ましい状態や人の好意などに出会って、めったにないことと感謝したい、喜びたい気持ちである」といった意味があり、「相手からすでに受けた好意に対して喜ばしく思っていることや感謝の気持ち」を表すことができます。

つまり、一見似ているようではあっても、これは何かを相手に依頼する時に用いる「幸いです」「幸甚です」とはニュアンスが異なる言葉です。

「自分の依頼に相手が何かをしてくれるとありがたい」ということではなく、「相手が何かをしてくれたことに対して感謝の気持ちを表す」ものとなります。

ビジネスのシーンでよく目にする言葉ですが、結婚式のスピーチなどでも使うことができる言い方です。

なお、この言葉は、たとえば「ありがたく存じます」(ありがたく思います)という形で、以下のような使い方をすることができます。

「親切なお心遣いありがたく存じます」
「ご配慮を賜ったことをありがたく思います」
「本日は貴重なお時間を割いていただきまして、誠にありがたく存じます」
「平素よりのご厚情を賜り、誠にありがたく存じます」

「助かります」

image by iStockphoto

「助かります」は、「相手の助力に対してありがたい、嬉しい」という意味の言葉です。「幸いです」よりもカジュアルな言い方になります。

「ます」がついているので敬語表現ではありますが、「助かる」は労いの言葉ですので、同僚や目下の人にしか使えません。主従関係を表すような表現で、目上の人に使うと失礼になりますので、注意してください。

「助かります」は次のように使います。

次のページを読む
1 2 3
Share:

Leave a reply