言葉の意味

手紙などに用いる主な「頭語・結語」の意味と使い方・組み合わせは?現役ライターがサクッとわかりやすく解説

再啓・再呈

image by iStockphoto

「再啓(さいけい)」「再呈(さいてい)」は、「重ねて申し上げます」「たびたび失礼いたします」という意味を表し、同じ要件でもう一度手紙やビジネス文書を送る場合に用いる語となります。

 

さまざまな結語

image by iStockphoto

頭語には、決まった組み合わせの結語があります。ここからは、その結語について見ていきましょう。

敬具・拝具

image by iStockphoto

「敬具(けいぐ)」「拝具(はいぐ)」には「以上謹んで申し上げます」といった意味があり、「拝啓」「拝呈」「啓上」「拝復」「復啓」「再啓」「再呈」と組み合わせて手紙やビジネス文書の文末に添えて用います。

敬白・謹言・謹白

image by iStockphoto

「敬白(けいはく)」は、敬具と同じように「以上謹んで申し上げます」という意味がありますが、敬具よりも丁重な語で、「謹啓」「謹呈」「粛啓」「恭啓」に対応した結語として用います。

「謹言(きんげん)」「謹白(きんぱく)」も「敬白」と同様に使うことができる結語です。

草々・不一・不尽

image by iStockphoto

「草々(そうそう)」「不一(ふいつ)」「不尽(ふじん)」は「急いで書いたため意を尽くしておりません」という意味を表し、「前略」「冠省」「急啓」「急呈」「急白」と組み合わせて用いる結語となります。

かしこ

image by iStockphoto

「かしこ」は「恐れ多く存じます」と相手に敬意を示す言葉で、どの頭語とも組み合わせることができます。

ひらがななので響きが柔らかく、女性だけが使う結語ですが、ビジネス文書にはふさわしくありません。

 

\次のページで「場面にふさわしい頭語と結語を覚えよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share:

Leave a reply