言葉の意味

5月に送る手紙の挨拶文に用いる「春の終わり」を表す言葉5つ意味と使い方は?現役ライターがサクッと解説

5月は春から夏に移り変わる時期で、夏が近づいてくると同時に、春に別れを告げる頃でもあります。

今回の記事では、5月に送る手紙の挨拶文に使用する「春の終わりを表す言葉」(晩春・残春・惜春・向暑・暮春)の意味と使い方を、翻訳経験のある現役ライターの筆者が説明していきましょう。

5月に送る手紙で時候の挨拶に用いる「春の終わり」を表す言葉5つ 意味と使い方

image by iStockphoto

5月に送る手紙のあいさつ文などでは、夏の始まりを表す言葉も使いますが、春の終わりを表す言葉を使うこともあります。

ここでは、後者の言葉で代表的なものを5つ挙げて、その意味や使用例を紹介していきましょう。

 

#1 晩春(ばんしゅん)

image by iStockphoto

「晩春」は、「春の終わりごろ」「春の末」を表す言葉です。二十四節気の清明から立夏の前日まで(4月5日から5月4日頃)にあたりますが、実際には4月上旬は春の終わりというより春が始まったばかりと感じる人が多いため、もう少し後からの季節を指すと考えて良いでしょう。

「晩春の候」などと使いますが、5月上旬を過ぎたら「立夏の候」の方が適切かもしれません。

「晩春」は、挨拶文などにおいて、次のように使用することができます。

「晩春の候、皆様には健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます」
「晩春のみぎり、新しい環境にも慣れますますご活躍のことと存じます」

なお、現在では春といえば3~5月を思い浮かぶますが、暦上では「立春から立夏までの間が春」とされる時期となります。

旧暦では、春を初春・仲春・晩春の3つに分けて「三春」としました。

初春は、立春(2月4日頃)から啓蟄の前日(3月5日頃)までのことで、現在の2月頃のこと。

仲春は、啓蟄(3月6日頃)から清明の前日(4月4日頃)までのことで、現在の3月頃のこと。

そして晩春は、清明(4月5日頃)から立夏の前日(5月5日頃)までのことで、現在の4月頃のことを指します。

晩春といえば、まだ肌寒い日もあります。そんなとき、「春寒の候」「余寒」「花冷え」のような言葉は使えるのでしょうか。

「春寒の候」「余寒」は、啓蟄の前日(3月4日頃)までに使う言葉ですから、5月にはふさわしくないでしょう。

「花冷え」は、桜の花が咲くころに寒さが戻ってくることを表す言葉なので、4月中旬頃までに使うのが適切です。

なお、北海道には「リラ冷え」という、5月下旬頃から6月初めの寒さを表す言葉があるそうですよ。

#2 残春(ざんしゅん)

image by iStockphoto

「残春」は、「残り少なくなった春」「春のなごり」「晩春、春の末」といった意味を持つ言葉です。

「残春の候」は「晩春の候」と似た意味になり、次のように用いることができます。

「残春のみぎり、いかがお過ごしでしょうか」
「残春の候、皆様には健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます」
「残春のみぎり、皆様お変わりありませんでしょうか」

次のページを読む
1 2 3
Share:

Leave a reply